5,000円以下で音質がよいイヤホン!final E3000 カナル型イヤホンの口コミレビュー

電車で移動している時など、ふだんの生活に音楽は欠かせないドンです。

最近のイヤホン事情でいうとブルートゥース接続するワイヤレスイヤホンが主流となりつつあります。

先日、会社の同僚がめちゃめちゃ安かったからという理由でワイヤレスイヤホンを買ったようで試させて貰ったところ、少しスマホとイヤホンの間を遮断するような状況になると音が途切れてしまいました。気をつけて使えばよいのですが、やはり安いだけのワイヤレスイヤホンを選んでしまうと、コードレスでストレスフリーな反面、音の途切れや遅延が生じる場合があります。

有線イヤホンではありえなかった好きな曲を聴いているときに音の途切れや遅れが出るのは、自分が思っていたよりイラッとしてしまい嫌だなと感じたので僕は今の所有線イヤホンを愛用者です。

ドン
ドン

ワイヤレスイヤホンの進化はすごいですが、まだ有線イヤホンは手放せません。

僕が愛用している有線イヤホンのfinal E3000は5000円以下と安い価格の割に、最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえた音質設計がされており、 家電批評のBEST BUY earphone 2017, Japanや HEADPHONE AWARD Grand Prize 2018, Japanなど複数のアワード受賞をしている名品です。

ぽてこ
ぽてこ

受賞しまくりですね!

final E3000の凄いところ

final E3000は一部の人達にとっては有名なイヤホンですが、アップルやソニー、ボーズ等と比べるとマイナーなのでご存知ない方も少なくないでしょう。final E3000は、 S’NEXT という会社が出しているイヤホンです。

S’NEXT は、ハイエンドオーディオ用のイヤホンやヘッドホンの要素技術開発・商品企画・デザイン・設計、製造・販売までの全てを行うメーカーです。

「final」は2009年にイヤホンを発売して以来、音質の良さと、他の家電大手とは異なるデザインへの考え方が評価されています。

E3000のスペック
  • 筐体 ステンレス
  • ドライバー ダイナミック型
  • インピーダンス 16 Ω
  • 感度 100dB/mW
  • 重量 14g
  • 付属品 イヤーピース、イヤーフック、ポーチ

イヤホンの重量は14gとすごく軽いため、長時間使用していても耳の疲れや耳の内側がじんじんするような痛みを感じません。

イヤホンの付属品として、イヤピースが付いてきます。これは個体差のある耳のサイズにあわせやすくするため小さい目タイプ、大き目タイプのものが用意されており、自分の耳の穴の大きさにフィットしたものを選択できます。

その他、付属品としてイヤーフックもついてくるため、ランニングなどスポーツをしながら使う場合などにも配慮されているため、とても使い勝手のよいイヤホンといえます。

音がクリア!耳へのフィット感も良し!

気になるfinal E3000の音質は、ひとつひとつの音が非常にクリアに聞こえてくる感じで、とくにボーカルの音が綺麗で、全体のバランスがとても良くナチュラルなサウンドを聞かせて貰えます。

開発コンセプトとして、”定番となるような製品を目指した”とメーカーの方が言っている通り、本当にバランスがよく、クリアな音質で音楽を聴くのが楽しくなるようなイヤホンなので満足度が高いです。

耳へのフィット感の良さは、イヤホンのヘッドの部分が耳の形にフィットするように形を変えるため、鼓膜に向かって音が直線的に伝わるような状態になります。

会社の同僚のワイヤレスイヤホンを試しに使わせて貰った時に感じた耳から外れてしまわないか気になる感覚は、有線イヤホンであるfinal E3000のフィット感の良さから全く気にならずに、むしろ耳へ自然と密着してくるので、音に集中しやすいイヤホンといえます。

ドン
ドン

耳へのフィット感はさすがです!

音がクリアだから英語のリスニング用にも適している

final E3000の音がクリアに聴こえる特徴は、音楽的だけではなく英語学習にも向いていると思います。TOEICなど取り組んでいる人は、英単語を覚えたり、リスニングのトレーニングをする際に、何度も英語を聞き直すと思います。発声の微妙な違いまで拾ってくれるため、語学の勉強をする人にもfinal E3000はすごくおすすめです。

例えば英語の発音でどうしても聞き取りにくい音を聞き取るには、何度も聞き直して音を覚えていく必要がありますが、そもそも音がクリアに聞こえるイヤホンを使った方が断然効率的です。その点、E3000はきちんと音を伝えてくれるので、他のイヤホンよりも微妙な発生や聞き取りにくい音を鮮明にしてくれるように感じます。

また、TOEICをかなり真剣に取り組んでいる場合、文法以上に長時間リスニングに費やす人が多いと思いますが、E3000は耳への装着感がよいので、長い時間の勉強後に耳が痛くなるようなこともなくストレスフリーです。

ドン
ドン

日本人の耳だと聞きにくフレーズも音がクリアなので聞き取りやすいです!

ぽてこ
ぽてこ

ボーカルの音がいいと言っていたし、人の声が鮮明に聴こえるイヤホンってことですね!

イヤホンジャックがないiPhoneでもE3000を使う方法

iPhone7からついに撤廃されてしまったイヤホンジャック。悲しいことに有線イヤホンを直接iPhoneで挿すことはできなくなってしまいました。

暫定対応らしいのですが2017年発売までのイヤホンジャックが無いiPhone(8/8Plus/Xまで)には『Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ』という変換アダプタが付いているので、そこに接続すればイヤホンを使うことができます。

ただAppleの付属品はLightningと同じ素材の白いコードになるため、E3000の黒色ケーブルと組み合わせると、ちぐはぐ感がでてしまうのが細かいですが気になってしまいました。

どうせなら色を揃えて使いたかったり、付属品をお持ちでない場合は、アップル社以外の他社から様々な変換アダプタが出ているのでおすすめです。いろいろな色や素材が出ており、好みのものを選ぶことができます。

final E3000のまとめ

本記事は【5,000円以下で音質がよいイヤホン!final E3000 カナル型イヤホンがおすすめ】について書きました。

finalのE3000は、 ハイエンドオーディオ用音響機器メーカーの S’NEXT の自社ブランド製品で、いろいろな受賞歴のある非常にコスパの良いおすすめできるイヤホンです。

僕が感じた特徴は、とにかく音がクリアなことです。音楽を聴いているときはボーカルが綺麗に聴こえます。音楽好きはもちろん、TOEICなど英語のリスニング用にも適しています。

最近のスマホからはなくなってしまったイヤホンジャックですが、ヘッドホンジャックアダプタをつければ利用できますし、ここにきてワイヤレスイヤホンが一気に主流とはなっていますが、用途にあわせて併用するには、おすすめのカナル型イヤホンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。