シミ予防におすすめ!簡単にできる日焼け対策をしてみた口コミレビュー

お年寄りの方にある濃いシミが気になってしまうドンです。

10代、20代と日焼けを気にせずに、黒い肌を謳歌していました。部活で外にいましたし、とにかく外で日差しを浴びている時間は長かったと思います。しかも、どちらかというと色白な方。日焼けをすると真っ赤になり、その痛みを乗り越えて黒くなることを繰り返してきました。

そんな僕ですが、最近になって顔のシミが気になっています。見れば見るほど大小さまざまなシミやほくろ予備軍があるような気がしてきます。

色白なのに特にケアすることもなく日焼けばかりして過ごしてきてしまったことが悔やまれますが、今あるシミは別の方法で何とかするとして、これ以上、シミが大きくなったり、シミが濃くなったり、何よりもシミを増やすのはできる限り避けたいものです。

ドン
ドン

このままではシミだらけのおじいちゃんになってしまうので心配です

そんな未来の自分に向けたシミ予防策として取り組んでいることを記事にしてお伝えします。シミが気になる方はぜひお読みください。

シミができる原因

そもそもシミって何なんでしょうか。なんで一部だけ肌の色が変色してしまうのか意味不明です。調べてみたところシミとは、皮膚の中にメラニンが蓄積されることで、地肌の色よりも濃く見えてしまう部分だそうです。

若い頃は気にならなかったシミなのに、どうしてシミができてしまうのか?

メラニンの蓄積に影響をしているのが紫外線で、どれだけ紫外線にさらされるかによるため、若い人より歳を取ってる人の方がシミが目立つと言えます。

紫外線はとても怖いもので浴びると肌がダメージを受けて、皮膚細胞の機能が低下してしまい、メラニンの排泄力が弱くなっていきます。結果、シミの原因であるメラニンが蓄積されやすい状態になってしまうのです。

ドン
ドン

たばこやストレスも老化の原因となる活性酵素を増やしてしまうので注意です…。

喫煙やストレスなどにより、活性酵素が増え、メラニン細胞を刺激してメラニンが過剰に出てしまうのですが、紫外線によって肌がダメージを受けていると、メラニン排泄力が弱っているため、結果的にメラニンが溜まっていき、シミになってしまうのです。

シミの予防は紫外線対策(UV対策)が重要

シミの予防といって、たばこを辞めたり、ストレスを貯めないような生活環境を整えたりするのは、時と場合によっては大変難しいものです。禁煙してストレスが溜まってしまったなんて話も聞いたことがあります。

では、シミ対策として何をすればよいのでしょうか。意識しだいでコントロールできるのが、紫外線対策になります。

仮に活性酵素が増えてしまう生活をしていても、肌へのダメージさえなければ、適切なメラニン排泄ができるはず!しっかりと対策をしておきたいところです。

紫外線は、春から夏場に強くなりますが、秋や冬も含めて一年中降り注ぐため、紫外線対策は一年中ずっとやり続ける必要があります。

四季に関係なく外出する際は、日焼け止めクリームを塗っておくことが理想といえます。

ただ、日頃から化粧をしない人にとって、日焼け止めクリームを塗ること自体億劫だと思いますし、日焼け止めクリームは、どうしても肌がべとつくような感じがしてしまうと感じてしまうと、日中気になってしまうものなので長く続かないのではないでしょうか。

ドン
ドン

顔にクリーム塗るのは苦手です…。

ぽてこ
ぽてこ

そんなこと言ってと60代とかやばいと思う。しっかりとUV対策しましょう!

1年中出ている紫外線。ほっておくと未来のシミにならぬよう意識しておかなければいけないUV対策ですが、可能であれば、できるだけ忙しい生活で無意識に行動できるような日焼け対策がないかと、いろいろ情報を集めてみつけたのが、飲む日焼け止め対策です。

飲む日焼け止め【HELIOCARE ULTRA-D(ヘリオケア ウルトラD)】がすごい

僕が選んでみた飲む日焼け止めヘリオケア ウルトラDは、 ヨーロッパをはじめ、世界34カ国以上で販売されている日焼け止めの飲み薬です。

ヘリオケアの主成分は、 Fernblock® 480mg(シダ植物Polypodium Leucotomos抽出物)、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンE、ルテイン、リコピン となります。Fernblock® (フォーンブロック)は、シダ植物の一種であるポリポディウムから抽出された成分です。

外国メーカーのサプリメントなので、カプセルは大きめ。色も日本メーカーでは用いないような色なので驚くかもしれません。

ぽてこ
ぽてこ

カプセルの色がちょっと気持ち悪いです…

1瓶30カプセル入り

日差しを浴びる30分前に飲んでおき、2.5時間後にも有効であることが臨床試験によって確認されています。日焼け止めの塗りにくい背中や目から入る紫外線対策にもなるのがおすすめです。

日焼け止めクリームは塗り方しだいで、汗や水などですぐ流れてしまって効果がでない場合がありますが、ヘリオケアは、飲めばUV対策になるため、日焼け止めクリームの塗り直しなど面倒なことをしなくてすむので便利です。

ドン
ドン

敏感肌で日焼け止めクリームがあわない方にもおすすめです

ヘリオケアを2か月間飲み続けて、最初は効果があるのかよくわからなかったのですが、先日1日中、外で日差しを浴びる日がありました。以前であれば、おでこや頬がすぐに日焼けし、赤くなってしまうのですが、今回は赤くなるような日焼けはしませんでした。途中で日焼け止めも軽く塗っていましたが、塗れていなかった部分の日焼けを防いでくれるのはとても助かります。

とにかく顔にシミができるのは最低な気分です。僕はいつまでも清潔感ある外見でいたいと思っています。清潔感ある印象として映るかどうかは第一印象が大事ですし、第一印象を決める要素として顔は非常に重要です。特に歳を取ってくると、顔が整っているかどうかというより、肌が綺麗か、はりがあるか、気になるレベルのシミやシワがないかが好印象になるかどうかを決めると思っています。

シミは身体の痛みなどないため、意識しにくい症状ですが、室内にいても紫外線は浴びてしまうものなです。特に紫外線が強い季節は、念には念を入れても対策するようにしてください。繰り返しますが、ほっておくと40代以降になってシミが増えて若かりし自分へがっかりするはずです。僕はすでにがっかりしていますが、この先さらに後悔しないようヘリオケアを飲み、日焼け止めクリームを塗って、より強いUV対策を心がけています。

紫外線対策(UV対策)まとめ

今回は、「シミ予防!おすすめ簡単にできる日焼け対策」について書きました。

ヘリオケアは、日焼け止めのサプリメントです。飲むだけでUV対策ができるため、習慣化しやすい日焼け対策になります。

サプリメントの有効時間に限りはありますが、体の内側からの紫外線対策がおすすめです。

ドン
ドン

シミができてから対処するのは大変!UVケア大事です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。