Kindle Paperwhiteを購入・実際に使ってみたレビュー

お風呂につかりながら漫画や小説を読むのが大好きなドンです。

ドン
ドン

ようやくだけどKindle Paperwhiteを買って大満足!

ぽてこ
ぽてこ

なんとー。iphoneやiPadでKindleのアプリダウンロードできるし充分じゃないの?!

ドン
ドン

僕もそう思ってたけど、、全然使い心地が違う!もっと早く買っておけばよかった。

先日、Kindle Paperwhiteを買いました。前々から気にはなっていましたが、スマホ等でも見れてしまうこともあって購入を控えていました。Amazonの口コミでも賛美両論あったので、購入した際も実はそこまで期待をしていませんでした。商品がきてから、しばらく使っていますが、めちゃめちゃ便利だし、iphoneやiPadで読むよりも断然読みやすくて、目にもやさしい、おまけに集中して本を読めるようになっています。

今回は、前評判よりもかなりプラス目に驚きの多かったKindle Paperwhiteを実際に使ってみたレビューを書きたいと思います。

電子書籍リーダーKindleを買って損しない人はこんな人

Kindleはこんな人におすすめ
  • マンガや本をよく読む人
  • 浴室・お風呂場で本を読みたい人
  • 夜寝る前に本を読みたい人
  • ほどよい大きさの画面でマンガや本を読みたい人

マンガや本をよく読む人

長いことiphoneやiPadにKindleのアプリをダウンロードして本や漫画を読んでいました。電車に乗っているときなど、短い時間でさっと見る分にはiphoneアプリのKindleで充分だと感じていました。ただ夜寝る前に画面を見ていたり、けっこう集中して長時間に渡り本を読んでいると、途中から目がちかちかしたような疲れを感じることがあります。

浴室・お風呂場で本を読みたい人

僕は長風呂でお風呂に入っているときにiPadで小説や漫画を読む習慣になっています。iPadは防水じゃないので、推奨される使い方ではないことはわかっていましたが、気にしながらも使っていました。いまのところiPadが壊れたりしていませんが、以前、iphoneの画面の移りがおかしくなったことがあるので、水分が原因じゃないかもしれませんが、防水ではないのに風呂場で使っていることが少し気になっていました。

夜寝る前に本を読みたい人

夜、寝る前に暗くした部屋で横になりながら好きな本や漫画を読むのは至福の時間です。本を読みながら寝落ちしてしまうこともありますが、寝落ちしてしまう瞬間も幸せですよね。

これまではiPad画面で本を読んでいましたが、暗い画面でiPadをつけると光がかなり強くなります。当然、光の調節はできるので、もっとも暗く設定することができますが、それでも画面が明るく感じるのではないでしょうか。しかも暗くすると文字や絵まで見にくくなってしまいます。Kindleであれば、光の調節でかなり画面を暗くできるだけでなく、画面を暗くした後も文字の視認性が高いので、目をつぶったときに残像が残るようなことはありません。

ほどよい大きさの画面でマンガや本を読みたい人

iPadは画面が大きく見やすくもあるのですが、手で持ち続けて本を読むには少し重いです。長い時間、iPadを持ち続けていると手や腕がはってきます。漫画の一気読み、小説や実用書などを長時間かけて読破しようとするにはiPadでは重すぎます。もう少し軽い方が負担がかからないし、より快適になるのになあと思っていました。

Kindle Paperwhiteをおすすめする理由

KindleはKindle・Kindle Paperwhite・Kindl Oasisの3種類があります。さらに容量の大きさ、広告表示の有無、接続がWi-FiかWi-Fi+無料4Gかが選べるようになっています。バリエーションがけっこうあるため、目移りしそうになりますが、結論、Kindle Paperwhiteの一択だと思います。

Kindle Paperwhiteのコスパが高い

最上位機種のKindle Oasisは Kindle史上最高の7インチ、フラットベゼル、解像度300ppi、Paperwhiteディスプレイを搭載。最新のe-ink技術で紙のような読み心地。人間工学に基づいたなめらかなデザイン。ページ送りボタン搭載で、片手での読書も快適。色調を調節できるライトをKindle史上初めて搭載。どのような光の下でも最高の読書体験ができる機種になっています。ただ、解像度は300ppiとKindle Paperwhiteと同じなので、フロントライトの個数は違いますが、画面の綺麗さ度合は同じかなといった感じです。 持ちやすい形になっているそうですが、僕はiphoneやiPadを持ちにくいと思ったことがなかったので、平たい形のKindleやKindle Paperwhiteで問題なし。なんといっても Kindle Oasisは 価格が29,980円と本やマンガを読む道具にしては高すぎます。その値段を出すのであれば、1冊でも多くの漫画を買った方がいいな、と思ってしまいます。

逆に、最も安い機種はただのKindleの8,980円です。画面の大きさはひとつ上の機種であるKindle Paperwhiteと一緒なのは〇ですが、解像度が167ppiと上位の2機種の解像度300ppiに劣ります。そしてなにより、残念なことは防水機能がついていないことです。僕はお風呂に入りながら本を読む習慣があるので、防水機能はマストです。ただ、浴室・お風呂場でKindleを使わない人であれば、ただのKindleで充分でしょう。

というわけで、最上位機種と最下位機種の真ん中に位置するKindle Paperwhite が一番おすすめです。松竹梅の竹を選んでいるようで、Amazonのプライシングの思うつぼにハマっている感は否めませんが、値段は13,980円で機能も良し、ととにかくバランスがよい機種となっています。個人的には防水機能搭載なのでバスタイムでマンガや本を読むにはもってこいです。

Kindleの容量は8GBで充分

パソコンやスマホ選びに慣れてきてしまっているため、ついつい過剰に気にしてしまう容量。Kindleは4GB、 Kindle Paperwhite は8GBと32GB、 Kindle Oasis も 8GBと32GBが用意されています。どうしても選ぶときのクセで「どうせなら容量が大きい方が沢山の本や漫画をダウンロードしておけるし、オフラインの時でも困らない!大は小をかねる」と考え、容量が大きい方を選びがちです。

ただ、Kindleを選ぶ際は4GBか8GBで充分だと思います。電子書籍はそもそも本を読む本だけダウンロードして読めることが紙の本よりも便利な部分ですし、しばらくの間、オフライン環境にい続けることを想定しても8GBでマンガ約130冊分がダウンロードできるので、すごい速読をする人でなければ、充分すぎるほどの本やマンガを手元に置いておけることになります。なので、容量は8GBを選ぶのが正解だと思います。

Kindle Paperwhiteの6インチ・防水が◎

Kindle PaperwhiteはIphoneより画面が大きく、iPadよりは画面が小さく単行本を程度の大きさになっているため、本を読むにはぴったりサイズだと思います。文字の多めの漫画を読むのであればもう少し画面が大きいKindle Oasisでもよいかなと思いますが、小説や実用本をメインで読む人にとっては丁度よい大きさになっています。

購入を検討する際、”広告つき”と出ていると、どんなにえげつない広告がでてきてしまうのか心配になると思いますが、本やマンガを読んでいるときに広告は出てきませんし、たぶん広告表示されていると思うのですが、全然気になっていないので、”広告なし”をわざわざ選ぶ必要はないと思います。

他にも接続がWi-Fiだけにするか、Wi-Fiに無料4Gもつけておいた方がよいのか迷う方もいらっしゃるかもしれませんが、お家にWi-Fiがあれば無料4Gを使うことはほとんどないでしょう。事前にダウンロードしておかなかった本をどうしてもすぐに読みたくなることがあれば、スマホのテザリングをすればダウンロードできますし、広告なしにする必要がないのと同じように、無料4Gをつける必要性は薄いと感じます。

結果的に真ん中の機種であるKndle Paperwhiteの8GB、広告つき、Wi-Fiモデルがもっともコスパが高いと評価します。

Kindle Paperwhiteの初期設定方法

初期設定はすごく簡単でした。説明書などみることなく画面がどんどん変わるにあわせて進めていけば設定が終わってしまいます。

Wi-Fiに接続します
Amazonのアカウントへ接続します
Amazonアカウントに登録してあるメールアドレスとパスワードを入力します

ログインしたらKindle操作のチュートリアルが表示されます

詳しい操作ガイドもついているので安心です

Kindle Whitepaperを実際に使ってみた感想

Kindle Whitepaperを使ってわかった良い点

モノクロ画面、白黒画面に特化しているが故に、本やマンガがめちゃめちゃ読みやすいです。文字や絵の視認性が高く、本物の紙に印刷してあるのではないかと錯覚をしてしまうクオリティです。

手に持った感じですが、iphoneやipadを持ち慣れてしまっている僕が感じる感想になりますが、かなり薄く感じます。薄すぎるから持ちにくいといったことはないからご安心を。女性が持ってもipadよりも小さくて軽くて持ちやすいでしょう。

Amazonの口コミによく書かれている「ページ送りの遅さ」ですが、結論、気になる遅さではありません。ただ、ときどき接触が悪かったからか、指でスライドしたり、画面の右側をタッチしても次のページに移動しないことがありますが、無意識に再度スライドかタッチをしてしまい、ページもスライドできているので、ストレスを感じることはないです。

本を読むのを辞めてホーム画面に移動した場合は、画面の上部に指をしばらく当てているとナビゲーションが下りてくるので、ナビゲーションにあるボタンで操作をすることができます。

iPadよりもいいと思ったのが画面の明るさや視認性。暗い部屋でKindleを見ていても目がチカチカして目が痛くなることはありません。iphoneやiPadで画面を暗くしすぎると、文字や絵が見えにくくなってしまいますが、Kindleだとかなり画面を暗くしても文字や絵はしっかりと見ることができます。

Kindle Whitepaperを使ったわかった残念な点

読めない漢字を指であてると広辞苑で読み仮名や意味を調べることができます。ときどき調べたい言葉に指をあてても、そこが指定されないことがあるので「いらっ」とすることがありますが、まあ、だいたい読み飛ばしても内容を愉しめないことにはならないので、仕方ないと思って読み進めています。

そもそもですがKindleはカラー表示はできず、モノクロ表示のみとなります。図鑑や写真集などカラーで楽しみたい本は、iPadやAmazonから出ているFire端末がおすすめです。カラーで読めると勘違いしている方はご注意ください。

Kindleのおすすめの本・マンガ

さっそくKindle Paperwhiteで読んでみたので、おすすの漫画や本をいくつか紹介します。あくまでも個人的なお気に入りになりますが、読んだことのない方はぜひ読んでみてください。

キングダム

多くを語る必要はないですよね。キングダムは発売日に必ず買って読んでいます。キングダムはコミック本が発売されてから1か月後に電子書籍版が発売されるのですが、コミック本と同時発売をしてほしい。。。待ちきれないほどのおもしろさです。

臨場

松本清張賞、日本推理作家協会賞などを受賞している横山秀夫著の短編集。短編は好き嫌いがわかれると思います。僕も以前は短編集はあまり好きではなかったのですが、臨場はおもしろいです。ぜひおすすめしたい本です。

果鋭

サントリーミステリー大賞、日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)、直木賞と数々の賞を受賞している黒川博行著の快作です。あっという間に読破してしまうと思います!

電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite』を使ってみたまとめ

本記事は、【Kindle Paperwhiteを購入・実際に使ってみたレビュー】について書きました。

遅ればせながら購入したKindleですが、お値段以上に使いやすくて感動しています。僕は長風呂しながら本を読むことと、夜寝る前に部屋の明かりを暗くして、横になってくつろぎながら本を読むことが大好きなんですが、Kindleは防水なので浴室でも安心。モノクロ画面で本を読むことに特化して作ってあるので、文字や絵の視認性が高く、目が疲れにくいです。

iPadの画面を見てから目を閉じると、目に残像が残ってチカチカしてしまうのですが、 Kindle Paperwhiteの画面を見て後、目を閉じても目がチカチカとしてしまうことはありません。本当に目に優しい画面になっていることを実感しています。

マンガや本が好きな方は電子リーダーKindleを体感してもらいたいです!

ドン
ドン

想像以上に気に入っています!

ぽてこ
ぽてこ

とにかく文字が見やすくて凄いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。