はじめてのワイヤレスイヤホン【Soundcore Liberty Neo】を使ってみた使用感レビュー

これまで有線イヤホンを使っていたドンです。

https://monomiyagura.com/wp-content/uploads/2019/07/don_smile2.png
ドン

はじめてワイヤレスイヤホンを買ってみました!

https://monomiyagura.com/wp-content/uploads/2019/07/pote_cry.png
ぽてこ

ついに買ったのね!

https://monomiyagura.com/wp-content/uploads/2019/08/don-panic.png
ドン

買う買う言って全然買ってなかったけどついにワイヤレスイヤホンデビューです。

ワイヤレスイヤホンの普及が凄まじいですよね。今や有線イヤホンを見かけることの方が少なくなってきました。ワイヤレスイヤホンがどのくらい便利なものか試したくなり、はじめてワイヤレスイヤホンを試すので、エントリーモデルとして5000円以下で買えるワイヤレスイヤホンの中で高い評価を得ているSoundcoreのLiberty Neoを購入してみました。今回はSoundcore Liberty Neoの使用感についてレビューを書いていきます。

SoundcoreのLiberty Neoが初めてのワイヤレスイヤホンに向いている理由

Ankerが出しているブランドなので品質が高い

元Googleの社員が立ち上げたAnker社。モバイルバッテリーなどで知名度を上げていますが、そのAnker社が音響系の製品につけているブランド名がsoundcoreです。僕も以前からsoundcoreのBluetoothスピーカーを使用しており、操作性の高さやデザイン性の高さ、音質の良さ、コスパの高さを高く評価しており、この先数年で相当なブランドになっていくだろうと強く期待しているメーカーです。

生まれて初めてのワイヤレスイヤホンをどこのメーカーにしようか考えに考えた結果いきついたのが、Anker社のSoundcore Liberty Neoです。ずっとワイヤレスイヤホンを使い続けるほど気に入るか自分の中で半信半疑なのに、いきなり Appleやsonyの上位機種を買うのは躊躇していました。その一方で、よくわからないブランドの安い製品を選んでお金と時間をムダにしてしまうかもしれないのも嫌だったので、安くて品質の高いSoundcoreを選びました。

初期設定がすこぶる簡単で安定した接続

予想していた通りですが初期設定はとても簡単です。ワイヤレスイヤホンを充電器から外すと自動ONになるため、お持ちのスマホの設定のBluetoothを開き、「Soundcore Liberty Neo」をタップするだけで Bluetooth 接続が完了します。

さっそくスマホで音楽を流し、部屋を移動してみましたが音は飛んだりすることなく響き続けました。10メートルぐらいスマホから離れても全然音が途切れたしません。

耳へのフィット感が高く安心してつけていられる

興味はあったのだけれど長い間、ワイヤレスイヤホンの購入をためらっていた一番の理由が、イヤホンがぽろっと外れてしまわないのか心配だったためです。有線イヤホンだったらスマホと接続されているので、最悪両耳とも外れてしまっても全て落ちてしまうことはありませんが、ワイヤレスイヤホンが落ちてしまうと、どこかに転がっていきそうです。

そんな心配をしながら Soundcore Liberty Neo を耳に装着。耳に入れた後、最後少しひねりながら耳の奥に入れるのがおすすめです。

装着をしてすぐにわかるのがフィット感が高さ。これは感動しました。他のワイヤレスイヤホンも同じなのかもしれませんが、本当に耳にくっつくので、試しにヘッドバンキングしたり、ジャンプしてみましたが、イヤホンが耳から外れません。ぜひ一度試してもらいたい感動的なフィット感です。

防水機能が完備なのでつけたままシャワーも浴びれる

水中に沈めても不具合が出ない防水性能を持っている機器に与えられる国際標準規格であるIPX7を取得しているので、シャワーを浴びながらでも音楽を聴けてしまいます。

いきなり壊れたら嫌だなと思いつつ、試しに Soundcore Liberty Neoをつけたまま、お風呂に入り、シャワーを浴びてみました。

イヤホンで音楽を聴きながらシャワー浴びる体験をしたことがなかったので、何かとても楽しい新しい感覚です。もちろんシャワーでお湯にびちゃびちゃに濡らした後も何もイヤホンは問題なく使えています。

あと思ったのが、もし一人でお風呂に入るのが怖いという人がいたら、防水機能つきのワイヤレスイヤホンをつけて、お風呂に入り、ずっと自分の好きな音楽などを聴きながらであれば、きっと一人のお風呂も快適な時間に変わるはずです。

Soundcore Liberty Neoのスペック

Soundcore Liberty Neoがどのような製品が簡単に紹介します。

  • 商品の寸法:7.5 x 3.5 x 3 cm
  • 重量:5.7g(片耳)
  • 形状:インイヤー
  • 電源持続時間:最大20時間音楽再生
  • 防水規格:IPX7防水規格

SonyのSONY WF-1000XM3(2万円超える上位機種)で片耳8.3gなので、 Liberty Neoは比較的軽めといっていいでしょう。耳に装着した後は、重さが気になることはありません。

その他、マイクも内臓されているので通話で使いたければ、ハンズフリーで電話することもできます。

Soundcore Liberty Neoを使ってみた使用感レビューまとめ

本記事は、「ワイヤレスイヤホン【Soundcore Liberty Neo】を使ってみた使用感レビュー」について書きました。

遅ればせながら、生まれてはじめてワイヤレスイヤホンを使ってみました。世の中にワイヤレスイヤホンが沢山あり、それに応じて賛否両論の口コミがとんでもない数がある状況です。ワイヤレスイヤホンの初心者からすると、どれを選べばよいのかわからなくなります。なので、僕は信じられるメーカーであるAnker社のSoundcoreブランドを選択することにしました。結果は上々◎です。

家の中でハンズフリーでイヤホンをつけられるようになると、掃除や洗濯、皿洗いをしているときや、シャワーを浴びているときも煩わしさがなく好きな音楽を聴き続けることができます。多くの人には当たり前のことかもしれませんが、僕にとっては初めて体験だったのですごく感動しました。

Soundcore Liberty Neo は値段の割にクオリティが高く、安心してワイヤレスイヤホンデビューできる商品だと思います。これからワイヤレスイヤホンを使ってみたい人や、ワイヤレスイヤホンの外れが続いてしまっている人におすすめです。

https://monomiyagura.com/wp-content/uploads/2019/08/don-smile2.png
ドン

シャワー浴びながら音楽を聴けるのが楽しい!

https://monomiyagura.com/wp-content/uploads/2019/08/pote-smile.png
ぽてこ

ワイヤレスイヤホンだとハンズフリーだから家事しながらでも邪魔にならず音楽を聴けるのもいいよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。