洗浄機能に特化。小さくて持ちやすいアクアミニ(aQuamini)を使ってみた口コミレビュー

アクアミニ

顔の毛穴を目立たなくさせることに本気で向き合っているドンです。

ドン
ドン

顔の毛穴が目立ってしまうと身なりを綺麗に整えても清潔感を感じられないと思う!

ぽてこ
ぽてこ

近くで顔見たらがっかりされるパターン。おじさんあるあるですね。。。

僕は40代なので同世代のお笑い芸人が周りから「おっさん、おっさん」と言われてるシーンを見るたびに、自分もそうやって見られているのだなーと実感してしまいます。でも、無意識的な刷り込みや、そう捉えてしまう意識ってあまり良くないよなとも感じます。別に歳を取っていくことに対して完全に抗おうって訳ではないのですが、たぶん70歳になるまで働くとして、働いている間は20代、30代の人たちと一緒に働くことになるはずです。その中にいてもおっさんはおっさんではなんだけど、自分の中で変な意識や違和感を持たないレベルに持っていけるようにしたいです。できれば周りから「そんな年齢に見えない」「年齢不詳」って言われるようになるのが理想ですね。

30代後半に突入してからというもの、日頃から食事や運動、睡眠の質を上げることを意識するようにしています。でも、それだけだとやっぱり見た目は劣化していくので、美容に関して若い頃よりも意識を高めていきたいものです。

とくに第一印象にとって顔が大事です。顔のパーツまで変えようとは思いませんが、毛穴の黒ずみ、角栓は目立たないようにしてお肌のハリや清潔感をある状態にしたいです。自分は鼻の毛穴が気になってしまうため、定期的に毛穴吸引機でいらぬ汚れを洗浄するようにしています。少し前に1年超使っていた毛穴吸引機が残念ながら壊れてしまいました。防水機能じゃないけど風呂場で使っていたのが原因かもしれません。

さっそく新しい毛穴吸引機を買いなおそうと色々探したみましたが、最終的に選んだのはウォーターピーリング。今回はプラソニエのアクアミニを購入し、実際に使ってみてわかった感想を書きたいと思います。

洗浄機能に特化した毛穴美顔器プラソニエのアクアミニ

今回選んだのはプラソニエ「アクアミニ」です。アクアミニは、その名の通りとっても小さくで掴みやすいので手が小さい人でも使い勝手がいいと思います。充電消費電力は約2.5W、定格電圧はDC3.7V/600mA。本体の下の方にスイッチがついており、ワンプッシュで起動することができます。充電式で差し込み口はUSBのAとマイクロBの形です。

アクアミニを選んだ理由は洗浄に特化していることです。最近のウォーターピーリングはイオンモイスチャーや温熱機能、EMSといった機能をつけて付加価値を高めている商品が多くあります。様々な機能がついていれば、それらによって商品価格が上がり、価格が高いからぱっと見いい商品にも感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。ただ僕の考えとしては、ウォーターピーリングに担って欲しい役割は洗浄力の一点のみ。なので、よくあるイオンモイスチャーや温熱、EMSといった機能は全く必要ありません。今回、新しい商品を選ぶにあたっては、きちんと洗浄に絞った商品、かつ、できるだけ使いやすいものを探すようにしました。結果、たどり着いたのがプラソニエ「アクアミニ」です。

アクアミニの販売元はイノベイション株式会社。ビューティ&ヘルス事業部、コスメティック事業部、フレグランス事業部の3つの事業を手掛けています。けっこう歴史ある会社で1977年創業です。プラソニエは1995年に自社オリジナル製品のブランドとして立ち上げられました。2009年には超音波毛穴洗浄美顔器(名称:アクア毛穴クリーン)国内初のテレビ通販で大ヒットしたのでご存知の方が多いと思います。

僕が買ったアクアミニではありませんが、同じプラソニエの商品を載せておきます。

アクアケアクリーン「アクアミニ」のシンプルな使い方

長年、ウォーターピーリングや毛穴吸引機を使ってみてわかったことは、下準備なしでは毛穴につまった脂や汚れはそう簡単には取り除けない、ということです。どんなに高い毛穴吸引機にせよウォーターピーリングにせよ、下準備をせずに使っても効果は薄いだろうと言いきれます。実際に試した方には共感してもらえると思いますが、水やお湯につけただけでは毛穴に入り込んだ黒ずみは取れるものではありません。そこでポイントになってくるのは、毛穴吸引機やウォーターピーリングを使う前に、毛穴のよごれを浮かして取れやすくしておくこと。僕は、オンディーヌのケアナキレイを使うようにしています。実際のやり方はいたって簡単なので紹介しておきます。

毛穴の黒ずみを浮かすクレンジング液をコットンに染み込ませます
コットンを鼻にあてて8分~10分ほど待ちます
皮脂が浮かび上がっている確認します
ウォーターピーリングで皮脂を浮かして取り除きます

下にケアナキレイを紹介しておきます。少しお値段が高く感じるかもしれませんが、絶対的におすすめです。コットンに充分な量のケアナキレイを染み込ませ、8~10分放置します。個人差あると思いますが、数分後にお肌がヒリヒリする痛みを感じることがあるかもしれません。その場合は、8~10分まで耐えるのではなく、早めにコットンを取り除き、ウォーターピーリングや吸引機で洗浄することをおすすめします。

ウォーターピーリング「プラソニエのアクアミニ」を使ってみた感想・評価

アクアミニを実際に使ってみた感想をお伝えします。まずは、アクアミニというより、ウォーターピーリングと毛穴吸引機の比較です。ここ1年ぐらい毛穴吸引機を使ってきた後、ウォーターピーリングに戻して感じたことは、毛穴吸引機より圧倒的にウォーターピーリングの方がお肌には優しいということです。毛穴吸引機だと、どうしても吸引の強度を上げがちです。毛穴につまった汚れを取りたい一心なので、少しでも吸引力を上げたくなってしまうものです。吸引力が強いと、ちょっと痛いのですが、我慢できないような痛みではないし、鼻の毛穴を綺麗にするためには仕方ないこととして知らず知らずのうちにストレスに耐えながら使っていたことに気づきました。その点、ウォーターピーリングの方が、自分の力加減で優しくもできるため、肌の感じた方によってコントロールしやすいです。

前置きが長くなりましたが、アクアミニの感想です。感じたことは、小さい割にパワーがあることです。鼻の近くの頬を洗浄する際、皮膚についた水分が超音波によって細かな粒子となって飛び散り、ウォーターピーリングの向きによっては目を開けられないほど。しっかりと皮脂や汚れを浮かしてくれるパワーを感じることができました。ちなみに、細かく飛び散るのはあくまで水分であって、皮脂や汚れはケアナキレイによって溶かされ、白い液体のようになって、へらの部分に溜まってきます。

そのほかに感じたことは、ウォーターピーリングは小さい方が使いやすいということ。大きい方が一気に洗浄ができるように思いますが、鼻の形状は細かく複雑なので、小さい方が角度の調節をしやすく、気になる部分に丁寧にあてることができると思います。後は、顔に持ってきた状態を続けるので、腕や肘が疲れるため、重いより軽い方が疲れにくく、重量はウォーターピーリングの大きさによるため、やっぱり小さなウォーターピーリングを選んでおいてよかったと感じました。

ウォーターピーリングを使って鼻を綺麗な状態に保ち”いちご鼻”から脱却を目指そう

今回の記事は『洗浄機能に特化。小さくて持ちやすいアクアミニ(aQuamini)を使ってみた口コミレビュー』について書きました。

身なりを整えても素肌をさらすことになる顔の肌が綺麗じゃないと第一印象が悪くなってしまうものです。

毛穴を目立たせなくするには美容医療でダーマペンやピコフラクショナルなど複数回受けると毛穴が目立たなくなるようです。ただ10回程度の受診で数十万円かかるため高額です。できることならそこまでお金をかけずにいきたいもの。少し時間がかかるため根気が必要になりますが、黒ずみや皮脂、鼻の毛穴の汚れをきれいにすることで、徐々に毛穴が目立たなくなるようにしていきたいものです。

ドン
ドン

鼻の黒ずみや角栓は定期的な洗浄できれいにしましょう!

ぽてこ
ぽてこ

日頃からのケアが大事ですね!

ドン
ドン

鼻の黒ずみケアに関する記事を以前書いているのでご興味があればご覧ください。

メンズの毛穴吸引器!鼻の毛穴汚れを取る効果の口コミレビュー メンズ毛穴の汚れをウォーターピーリングで落とした結果レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。