睡眠の質を高める!HUYOU(ふよう)アイマスクをして寝てみた口コミレビュー

ここにきて明け方に一度目が覚めるようになってきたドンです。

それなりの時間寝ているのにも関わらず寝ても寝ても眠りが足らないように感じることってありませんか?朝はすっきりとした気持ちで起きたいのに、どうも前日までの疲れが残ってしまっているような、目が覚めた後もなんだか眠たいまま、頭もぼーっとした感じが残っているような朝を迎えることがあります。

もっと良い睡眠をしたい。僕がちょっとおかしいだけなのか気になり情報を調べてみてところ、実は眠りに満足していない人は沢山いるようなんです。

ドン
ドン

厚生労働省が出した平成29年「国民健康・栄養調査」を調べてみました!

調査結果によると、1日平均睡眠時間は、男女とも 6時間以上7時間未満の割合が最も高く、男性 35.0%、女性 33.4%となっています。

さらに6時間未満の者の割合は、男性 36.1%、女性 42.1%で、性・年齢階級別 にみると、男女とも 40 歳代で最も高く、それぞれ 48.5%、52.4%を占めています。働き盛りの40代の睡眠時間がもっとも少ないようです。

続いて、下のグラフが、ここ1ヶ月間、睡眠で休養が十分にとれていない人の割合になります。20代~50代に絞っていますが、30代、40代と睡眠で休養が充分にとれていない割合が高まっていることがわかります。

年の推移でみると、 睡眠で休養が十分にとれていない人の割合が徐々に増加しています。 現代は睡眠による休養が不十分の人が多いようです。僕だけに限った話ではないようなので安心しつつも、だったらいいやとは思えないので、できることから工夫しようと思い立ちました。

アイマスクを使ってみたきっかけ

僕の寝室は一応遮光カーテンを使っているのですが、あまり遮光性が高くなく、朝になると日の光が漏れてきます。特に夏は日が差す時間が早いため、5時ころになると明るさによって脳が目覚めてしまい、睡眠が浅くなってしまいます。

ただでさえ、眠る時間が遅いのに、朝早くに目覚めてしまうと睡眠時間が短くなるし、睡眠の質が下がるけど、起きたときにものすごく眠いまま、という状態になりがちでした。

カーテンを新しくすればいいのですが、そこまで古くないですし、まだまだ使えるので勿体ない。。 簡単に暗さを保つアイテムとして、アイマスクを使ってみることに。

ドン
ドン

朝起きた瞬間から眠い

ぽてこ
ぽてこ

カーテンは変えたくないからアイマスクすれば!

HUYOU(ふよう)のアイマスク

いくつか調べて買ってみたのが、HUYOUのアイマスクです。僕はアマゾンで買いました。アマゾンの口コミはそこそこ良い評価でしたが、自分で実際にアイマスクを使って寝てみて「よかった点」と「残念だった点」のどちらもあったのでお伝えしたいと思います。

アイマスクを使ってよかった点

さすがにアイマスクを使用して寝ようとすると、圧迫感や重さ、肌にすれる感じが気になるかもしれないと思っていましが、思った以上に圧迫感はほぼなく、軽く、生地も柔らかいため肌がすれる感じもありませんでした。

アイマスクをして横になり明かりを消した部屋であれば、光の漏れは感じません。後頭部に巻くようなタイプで、マジックテープでフィット感を調整できます。テープ部分が髪に絡まないようにできているので髪が引っ張られるような煩わしさを気にする必要はありません。

さっそく使い始めて数日が経っていますが、アイマスクをつけた方が、つけてなかったときよりも、眠りに落ちるのが早く、深い眠りにつけているように感じます。

ドン
ドン

暗い方がゆっくり寝れるー

アイマスクを使ったけど残念だった点

総合的には高評価なHUYOUのアイマスクですが、残念なところもあります。アイマスクが3D立体構造になっており、作りとして鼻あたりのスペースが作られているため、鼻の下の部分から光が入るときがあります。目を下に向けなければ、あまり気になることはありませんが、鼻が小さい方は隙間が大きくなり光の入り方が増えるかもしれません。

あと、これは僕の寝相の悪さもあると思いますが、明け方になる頃には、アイマスクが外れています。もっとマジックテープをきつくすれば、外れにくくなると思いますが、できるだけ緩い状態にしておきたいので仕方ないです 。

朝の光を遮るために使ってみたアイマスクでので少し残念な点です。マジックテープの絞り方次第になりそうなので、いろいろ工夫して試してみようと思っています。

ドン
ドン

朝起きたときにアイマスクが外れてなかった時がない…

アイマスクを使って寝てみた口コミレビューまとめ

本記事は【 睡眠の質を高める!HUYOU(ふよう)アイマスクを使って寝てみた口コミレビュー 】について書きました。

アイマスクは、遮光カーテンを替えられない際の暗室を簡単につくれる便利グッズです。

実際に使ってみて、思った以上にアイマスクは気になることもなく眠れてしまうことがわかりました。ただ、明け方になる前に、アイマスクが外れてしまっているため、日の出の光の対策には不向きでした。

夜勤勤務のあと明るい時間に寝る時、飛行機や新幹線などであれば、座ったまま寝るので外れることはありません。

アイマスクは軽くて薄いので、バッグに入れっぱなしにしていても全然苦にならないのでおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。