メンズ毛穴の汚れをウォーターピーリングで落とした結果レビュー

常に清潔感ある大人でありたいドンです。

ドン
ドン

本気で毛穴を目立たなくしたいです…

日頃から洗顔料で顔を洗っていても、自分の気分によってかもしれませんが毛穴の黒ずみが凄く気になるときがあります。何か毛穴を目立たないようにしようと、おそらく汚れのせいなのではないかと必要以上にタオルでごしごしやってしまったり、毛穴に詰まった汚れを撲滅すべく爪を肌に押し付けて汚れが出ないか押しつけたりしてしまうことがあります。

そんなことやったら駄目とわかっていながら、ついつい衝動的にやってしまいがちです。これを読んでいただいている方で思い当たる人がいらっしゃったら、対処法としてイケてないやり方なのでやめることをおすすめします。

肌が傷ついてしまうからという理由だったりするのですが、それ以上に間違ったやり方を続けていると毛穴を広げてしまう原因になってしまうためです。毛穴が気になって何とかしようとしているのに、かえって毛穴を広げかねないなんて愕然してしまいます。

いったん毛穴が開いた状態になってしまうと汚れも溜まりやすい肌環境になってしまい、そのうち前よりさらに毛穴の黒ずみが目立つようになってしまうかもしれません。そんなことにならないようにするためには、正しいやり方で肌を清潔に保つ必要があります。

そこで今回は肌にできるだけ負担をかけないように毛穴の汚れを落とす、ウォーターピーリングを使った方法と、最近かなり流行っている毛穴吸引器と比べてよい点、悪い点などクチコミレビューをまとめてお伝えします。

毛穴の黒ずみをなくしたいなら、皮脂を浮かしてから処理する

いきなり変なことを言い出したように感じるかもしれませんが、実はウォーターピーリングを使えば毛穴の汚れをきれいにできると思ったら大間違いなんです。ウォーターピーリングでも、毛穴吸引器でも同じなんですが、皮膚を水で塗らしただけの状態で使っても余り効果は出ないと思います。これは僕のけっこう揺るぎない実感値です。

水に塗らしただけの状態だと毛穴に詰まった汚れが固定されているため、どうしても力任せに毛穴に詰まった汚れを取ろうとしてしまいます。ウォーターピーリングをゴリゴリ皮膚に当ててみたり、毛穴吸引器のパワーをやたらに上げて同じ場所を吸いまくったりしがちです。それでは皮膚に爪を立てていたやり方と余り変わりはなく、むしろ毛穴を目立たせる原因につながってしまいます。

そこで大事になるのが事前準備として、毛穴にこびりついてしまっている汚れを浮かしておくひと手間をかけることです。ひと手間と言ってもそんなに面倒なことが必要なわけではなく、毛穴の汚れを浮かしてくれる液体をコットンに染み込ませ、きれいにしたい箇所に貼ってしばらく置いておくだけです。ちなみに僕が使っている液体はオイルアップになります。

例えば、鼻の毛穴を掃除したいのであれば、コットンにオイルアップを染み込ませてしばらく鼻につけておいてからウォーターピーリングをすると言っています。

このオイルアップという液体はそれなりの値段がしますが、美容クリニックなどでも使用されていますし、容量も大きめなので1本使い終わるのは1年以上かかるぐらい使い続けられます。何より浮き上がってくる毛穴の汚れに引くぐらい効果があり、そういった面でも充分に元は取れると思います。

オイルアップの詳しい使い方を知りたい方は、『メンズの毛穴吸引器!よごれを取る効果の口コミレビュー』に詳しく書いてあるのでご覧ください。メンズの毛穴吸引器!鼻の毛穴汚れを取る効果の口コミレビュー

ウォーターピーリングとは

続いてウォーターピーリングの紹介です。ウォーターピーリングとは、 水分がある状態の肌に超音波振動を与えることで水をミスト状に変え、毛穴の汚れをはじき飛ばす美容器具です。

エステでは定番の毛穴ケアで、水と超音波で古い角質や毛穴の汚れを浮かし出して弾き飛ばします。手や指でやるより汚れは取れますし、肌に優しいのが特徴といえます。

ぽてこ
ぽてこ

お肌の手入れで女性が当たり前に知っていることを男性は知らないことが多すぎると思います!

ドン
ドン

同感です。こんな歳を取ってからではなく、もっと若い頃から知っておきたかった情報です…

ウォーターピーリングの良い点・悪い点

僕が実際にウォーターピーリングを使ってみてわかったことは、気になっていた鼻の毛穴の汚れが確実に取れたってことです。ただ、繰り返しになりますが、肌を湿らしただけではな不十分です。汚れが出るといえば出るのですが、毛穴の表面近くの汚れが取れただけといった印象になります。きちんと毛穴の汚れを除去したいのであれば、必ずオイルアップを使っても汚れや皮脂を浮かしたうえで、ウォーターピーリングを使うことで、毛穴の汚れをかなりきれいに取ってくれます。

僕は毛穴吸引器も使用者でもあるため、ウォーターピーリングと毛穴吸引器を両方使ってみて感じたことを比較してみます。

まずは、ウォーターピーリングの良い点です。

自覚してない汚れも綺麗にできるのは良い点

毛穴吸引器は吸引する箇所がウォーターピーリングよりもピンポイントになるため、自分が汚れがあると自覚しているところを中心に処理しがちです。

それに比べるとウォーターピーリングのヘラは毛穴吸引器より肌に当たる面積が広く、自分では汚れが溜まっていると認識できていない思わぬところから汚れが取れることを実感できます。

ドン
ドン

こんなところまで毛穴が汚れてるのかって何か残念な思いと、毛穴の汚れが取れた嬉しさが混ぜ合わさる複雑な気持ちになっています…

明らかに毛穴が見える部分は汚れが溜まっていることが多いですが、毛穴が小さくて一見目立っていない部分でも、毛穴の中に汚れや皮脂が溜まっている場合があるので、ウォーターピーリングは幅広く毛穴の汚れを落とせることが良い点といえます。

ウォーターピーリングを肌に強く当ててしまえるのが悪い点

ウォーターピーリングを使っていて悪い点を上げるとすると、ウォーターピーリングをやっていると汚れがどんどん取れ、しかも自覚していない箇所まで汚れがあったりするので、その作業にだんだんと夢中になっていき無意識に手に力が入ってしまい肌に余計な負担を掛けてしまいやすいことです。

どうしても毛穴の汚れを完全に落としたい思いが先走り、軽く当てるのが正しい使い方であるウォーターピーリングのヘラを立てちゃったりして、肌に強く押し当てるようになってしまう感じです。特に皮脂が溜まりやすい鼻の脇の部分なんかは、ヘラを尖らせたように当ててグリグリしてしまうことがあるので反省です。

気持ちがおさまって今日はここまでかなって思う頃には、鼻や頬が赤くなってしまっていることが1度や2度ではありません。

ドン
ドン

毛穴の黒ずみをなくしたい一心でやり過ぎてしまいます…

毛穴の汚れが気になる人ほど力加減を調整するのが難しいと思いますし、男性の方が力任せになりがちだと思うので本当に注意が必要です。

ぽてこ
ぽてこ

その点、毛穴吸引器の方が力加減を毛穴吸引器に任せることになるで気にする必要ありません。ただ無駄に吸引力を上げてしまうと皮膚を傷つけてしまうのでご注意ください!

毛穴の汚れが取れた時点で気持ちはスッキリしてやりきった感をあるのですが、ウォーターピーリングをした後は必ず保湿をするようにしましょう。化粧水だけではダメで、化粧水をつけたあとにオイルをしっかり塗っておくこともおすすめします。

毛穴の汚れが取れた状態のままにしておくと、肌の乾燥を補おうと身体が勝手に必要以上な脂を補ってしまいます。脂が過剰にでると、やがて酸化し、さらに汚れがくっついていき、黒ずみができてしまうという悪循環となってしまいます。

毛穴の汚れ取った後の保湿が最も大切であると言ってもいいぐらい大事です。特に僕を含めて男性は肌の保湿の大切さをわかってない人が多くおろそかにしてしまいがちだと思います。毛穴が気になるのであれば、肌を常に清潔に保ち、こまめに保湿をすることです。数ヶ月でどうにかなる話ではなく年単位の取り組みになりますので、歯磨きと同じように習慣化してしまうしかないでしょう。

ウォーターピーリングで毛穴の汚れを落としたみたまとめ

本記事は【 メンズ毛穴の汚れをウォーターピーリングで落とした結果レビュー 】について書きました。

ウォーターピーリングは、毛穴中に溜まってしまった汚れを肌に過度な負担を掛けることなく、しっかり掃除してくれる便利な美容アイテムです。

僕が実際に使ってみたところ、水で塗らしただけの状態でウォーターピーリングをしても効果は限定的でした。オイルアップという毛穴の中で固まってしまった汚れや皮脂を柔らかくして浮かしておく液体を使った後にウォーターピーリングを使うことで、肌にあまり負担を掛けることなく、しぶとい毛穴の黒ずみを除去できることがわかりました。

皮脂を浮かす液体も色々出ていますが、僕はエステサロンでも使われるオイル・アップをおすすめします。最近ではケアナキレイという商品名に変わったようです。

ウォーターピーリングは、自分の力加減しだいで肌に負担をかけてしまうので注意が必要です。肌の負担をかけたくなければ、毛穴吸引器もおすすです。僕は両方使っていますが、どちらもオイルアップ(ケアナキレイ)を使っていないと汚れを取り除くことは難しいこと、ウォーターピーリングも毛穴吸引器も肌に優しく取り扱わないと、傷をつけてしまいかねないことがわかりました。

ドン
ドン

美容アイテムを正しく使い、きちんと処理することで毛穴を目立たなくしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。