おすすめメンズ脱毛。家庭用脱毛器ケノンを1年間使ってみた口コミレビュー

ケノン

いつでも清潔感ある男性でありたいドンです。

そんな僕にとってあまり必要と思えないのが体毛や髭です。

ムダ毛やヒゲの処理をするのはけっこう時間かかるし手間です。朝、家を出る前の時間はとても貴重なもの。少し寝坊をしてしまった時なんかは、もはや朝から全力で必死に準備をするのとになります。そんなバタついた時間を使って、毎日毎日できればやりたくもない髭剃りをするのは本当に億劫です。しかもゼロをプラスにするようなお化粧とは違い、ひげ剃りは清潔感をマイナスなところからゼロにするだけなので楽しさなど皆無です。

ドン
ドン

ある日ふと思ったんです。毎朝ひげ剃っている時間は何時間になっていくのだろう。すごくもったいないなあ、と。。。

いっそのこと顔のひげや身体のムダ毛がなくなってしまえばよいのにと思って取り組み始めたのが脱毛です。

脱毛のやろうとするには大きく2つ方法があると思います。ひとつは、サロンや美容医療に通っての脱毛。もうひとつが、家で家庭用脱毛器を使い脱毛するやり方です。

僕は仕事の都合、脱毛サロンや医療脱毛へ通う時間が取りにくいため、必ずしも思う通りに予約を入れることができず、どのようなペースで脱毛していけるのか想像しきれない不安があります。もちろん自分でやるよりはお金も高くつきます。そこは一定仕方ないとしても時間をコントロールしきれないことへのイライラが募りそうです。あとは脱毛サロンや脱毛クリニックへ通っている時間は「脱毛している時間」ではなく何も生みだしていないもの。できるだけそういった時間は使いたくありません。

ドン
ドン

なので、脱毛器を買って家でやることにしました。

家で脱毛をするのであれば脱毛器は必須になります。脱毛器はパナソニックやブラウンなど、さまざまなメーカーが出しています。僕はケノンを選びました。たくさんある中からケノンにしたのは、照射のパワーが強い脱毛器だったためです。 どのメーカーでも気に入ったものを選べばよいと思いますが、しばらくケノンを使っていてすごく困ったことはないのでおすすめできると思います。

ke-non(ケノン)
ke-non(ケノン)で脱毛

週に1回、時にはさぼりながら、ぼちぼちと1年間に渡り、脱毛に取り組んだ結果をレビューします。

ドン
ドン

ヒゲ、胸毛、わき毛の脱毛に取り組みました!

そんなわけで本記事は「【家庭用脱毛器ケノンを使った脱毛レビュー】」について書いていきます。

ヒゲ脱毛を1年間続けた結果!ヒゲが濃い人からヒゲが薄い人へ

まずはヒゲ脱毛をした結果です。

ヒゲの濃さでいうと、なかなか濃いめ。とくに頬やもみ上げから顎につながる部分のヒゲをさっぱりさせたいと思っていました。

ドン
ドン

イメージでいうと、最近は脱毛して昔の面影が薄くなっていますが、平成ノブシコブシの吉村崇さんのような毛の濃さ

鼻の下のヒゲや顎のヒゲは残し、頬やもみ上げの下あたりから首にかけて脱毛に取り組みました。

やり方は、脱毛前にヒゲを剃り、光を当てる部分を冷やして、照射する。照射した後は冷やす。これを2回から3回繰り返せば終了です。

ke-non(ケノン)の照射
照射レベルは1から10まで選べます

顔の脱毛は痛みがワキや胸とは比較にならないないぐらい痛いです。最初、肌を冷やさずにケノンのレベル10で照射したときの激痛はすごかったです。自分の声とは思えない声が出ました。

火傷してしまうこともあるようなので、痛すぎる場合は照射レベルを下げるようにしてください。火傷の可能性はありますが、内出血になったりはしないと思います。

ドン
ドン

顎下から首にかけてが凄く痛い!

ぽてこ
ぽてこ

そんな時は脱毛サロンで使われているクーリングジェルがおすすめ!

今となっては笑い話ですが、顔のヒゲ脱毛はとにかく痛いだけじゃなく、途中で逆に濃くなったような気がする時もあって、ケノンじゃなくて別のメーカーにしようか、とか、やっぱり大金払って医療脱毛に行った方がよかったんじゃないかと迷ったときもありました。

迷うだけならいいですが、成果が見えない時が数回(数週間)続くと、「本当にヒゲが薄くなるのか?!」と、脱毛を続けるのが億劫になって辞めてしまう人も多いはず。

目に見える成果を感じられなくても脱毛は続けてください。続けなければヒゲは薄くならないので。

僕の場合は脱毛を開始してから8か月目ぐらいからヒゲが薄くなっていることを実感するようになりました。

気づいたきっかけは、朝のシェーバーが楽になったこと。

たぶん、その前から見た目も薄くなっていたはずですが、徐々に薄くなっていくため、あまり実感ができてなかったようです。

今では頬のヒゲはなくなり、髭剃りをする必要なくなりました。肌がよく見えるようになった気がして、表情が明るくなった気がしています!

胸毛の脱毛を1年間続けた結果!ほとんど毛がない状態へ

次は胸まわりの毛を脱毛した結果です。

親父譲りで腕や足は気にならないボリュームですが、胸毛はもじゃもじゃとしている状態でした。

やり方は、ヒゲと同じ。シェーバーで毛を剃り、光を当てる部分を冷やして、照射する。照射した後は冷やす。これを2回から3回繰り返せば終了です。

照射時の痛みですが、きちんと冷やしておけば痛みはほとんどありません。顔に比べると全然軽いもの。

今回脱毛してみてわかったことですが、胸毛は比較的早く脱毛が進みます。ヒゲは週1回ペースで続けましたが、胸元は2か月くらいやったら毛が生えなくなったため、月1回ペースでも十分に綺麗になります。

本体はシンプルなデザイン

わき毛の脱毛結果!ケノン3回で充分に薄くなった!

最後にわき家脱毛の結果です。

わき毛はつるんつるんの状態を目指していたのではなく、薄くする程度がゴールでした。

やり方はヒゲや胸毛と一緒。冷やしておけば、痛みはほとんど感じません。

わき毛の脱毛が一番効果が早くでました。照射してから1週間もたち始めると、毛が抜け始めますし、一度抜けたら、数か月経ってもわき毛の濃さが減っていくことを実感できます。

ke-non(ケノン)は使いやすい
ボタンを押して照射

思いのほか順調に進んだため、始めてから3か月くらいで、納得のいく薄さになったため、放置をしています。

その後も脇の下へ照射はしていませんが、毛が濃くなってしまうこともありません。

家庭用脱毛器KE-NON(ケノン)で脱毛した結果まとめ

本記事は「 家庭用脱毛器ケノンを使った脱毛レビュー 」について書きました。

脱毛器ケノンを使った脱毛は、週1回ぼちぼちと続けていれば、着実に毛を薄くすることが可能です。

ヒゲの濃さや体毛の濃さにお悩みの人でも、脱毛サロンや医療脱毛に通うことなく、自宅で脱毛することができることがわかりました。

脱毛をする前はヒゲの濃さが嫌だなと思っていましたが、今ではヒゲのことを考えることはなくなり、気持ちが楽になっています。

脱毛したいけど、金額のことなどあり一歩踏み出せていないのであれば、コスパのよい家庭用脱毛器をおすすめします。

ドン
ドン

ケノンとシルクエキスパートを実際に使ってみた比較記事を書きました。ご興味あればご覧ください。

シルクエキスパート家庭用脱毛器をケノンからブラウン(Braun)シルクエキスパートPro5へ買い替えてわかった口コミレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。