宅食で食費削減!外食費をおさえる節約生活の工夫

共働きをしており平日は仕事で遅いため、家事はほとんどする時間のないドンです。

ドン
ドン

先月は外食たくさんしちゃったなあ…

ぽてこ
ぽてこ

一生懸命仕事をした後の焼肉、居酒屋、中華料理は最高だよね

ドン
ドン

何度も行ったから、平日だけで外食費が4万円を超えてるよ

ぽてこ
ぽてこ

そうなのー

仕事で忙しい日が続くと夕飯を家で作って食べるのはしんどいですよね。

外食や総菜は高くなるからといって、食事を抜いたり、安い食材縛りにしたりといった、過度な節約生活はしたくありません。

仕事で忙しい時は、夕飯ぐらい気ままに取りたいものです。

ドン
ドン

外食するよりは食費が下がる方法はないかな?!

ぽてこ
ぽてこ

どの程度外食費を使っているのか確認することから始めましょ

外食費はお店によって値段が変わるので、ざっくりと算出します。

仮に1回の外食費を1人2,000円とし、2人で4,000円。

週に2回は外食に行ってしまうので、1か月に8回行くとしたら32,000円になります。

ドン
ドン

お酒も飲んでしまうし、けっこういきますね

ぽてこ
ぽてこ

レモンサワー1杯は飲ませてくれ…

外食の回数を減らして自分たちで料理をすれば食費削減になりますが、そもそも平日は仕事で疲れていて夕飯を作りたくない。

惣菜を買うにしてもデパ地下は閉まっている時間に仕事が終わるし、昼もコンビニ弁当で済ますことが多いため、コンビニの惣菜はさすがに避けたい。

そんなときの候補としておすすめなのが宅食サービスです。

宅食サービスもいろいろ出ていますが、おいしくてコスパの良い宅食サービスを使うと、どの程度食おさえられるか調べてみました。

コスパの良い宅食サービス ベスト3

いろいろ調べてみてわかったコスパの良い宅食サービスベスト3はこちらです。

1食の価格送料ひと月の価格
(2人分)
ヨシケイ
夕食ネット
339円無料6,780円
(13,560円)
ワタミの宅食490円無料9,800円
(19,600円)
ベルーナグルメ498円クール代
200円
10,160円
(20,120円)

今回は平日の外食費を下げるための宅食サービスの利用なので、ひと月当たりの価格は、平日5日を4週分、20食分の価格を記載しています。

価格が一番安いのはヨシケイの夕食ネット です。1食あたり339円で送料無料は圧倒的ですね。

外食費はひと月3.2万円ぐらいかかっているので、ヨシケイ、ワタミの宅食、ベルーナグルメのいずれでもコスト削減につながります。

自炊をするよりは高いかもしれませんが、外食や総菜を買うよりも安くなることがわかります。

実際に発注する前に気になったポイントもまとめておきます。

宅配弁当は冷凍が多いようです。その中でワタミの宅食は冷蔵タイプなので、作り立てを食べられます。

配送はヨシケイとワタミの宅食は毎日届けてくれますが、ベルーナグルメは月1回で10食分がまとめてきます。冷凍庫が大きくないので、この時点でベルーナグルメは選択から外しました。

配送調整ですが、ワタミの宅食が時間調整を受け付けてくれるので、利便性は◎です。

タイプ配送配送調整
ヨシケイ冷凍毎日 再配達は不可
(必ず受け取り・留置)
ワタミの宅食冷蔵毎日時間調整可能
ベルーナグルメ冷凍10食まとめて
ぽてこ
ぽてこ

ここまで調べたら、ヨシケイかワタミの宅食だね。あとは実際に食べてみないとわからないね!

ドン
ドン

最初はワタミの宅食にして、次にヨシケイにしよう

実際に試したワタミの宅食!!美味しい?まずい?

実際に発注してみたのはワタミの宅食のまごごろ手鞠です。何となくですが、冷凍弁当より作り立ての弁当の方がいいなあ、と。

まごころ手鞠は、1食あたりの価格は490円。

値段が安い割に、管理栄養士と料理人が調理した作りたての宅配弁当を届けてくれるポイントを評価しました。

食材数は12品目以上 を使った4種類の惣菜が入っています。食塩相当量2.5g以下、カロリーがなんと250キロカロリー程度でおさえられているので、ごはんを食べてもダイエットできるカロリーです。

実際に食べてみたワタミの宅食。味は美味しいです◎。

ぽてこ
ぽてこ

家で作ろうと思うと大変なおかずも出てくるし、美味しい

ドン
ドン

野菜が多めで健康的!いろいろな献立が嬉しい

煮物はちゃんと出汁がきいていて、しっかり味つけはしてあるけれど、決して濃い味ではありません。

コンビニやデパ地下、スーパーの総菜に比べると、薄味で手料理っぽさがあるので、毎日食べるのに適しています。

ただ、大人の男性だと量が少ないかもしれません。

ごはんの量を増やしたり、お味噌汁などのスープや箸休め的なものを用意しておいた方がよいでしょう。

ワタミの宅食でいくら食費を減らせるのか?!

外食回数が多い方なので、平日の夕飯代が32,000円以上かかっていました。

外食ではないけど手軽に夕飯を取れる宅食サービスに切り替えて平日の夕飯代が19,600円程度に抑えることができました。

なんと12,400円のコスト削減です。

年間にすると14万8,800円のコスト削減になります。

ドン
ドン

海外旅行に行けちゃうー

生活費にかかる変動費といえば、食費や交際費、被服費、趣味・娯楽費などがあります。

洋服を買ったり、趣味がある人は食費以上にお金を使っているかもしれませんが、多くの人は食費に占める割合が多いのではないでしょうか。

特に共働きをしていると平日の夜遅くまで仕事になるため、帰宅後に疲れた体で夕飯を作るのはしんどいですよね。

平日の家事はできるだけ楽をしたいので、どうしても増えてしまうのが、外食やお惣菜などの内食です。

お惣菜もコンビニばかりだと味気ないので、デパ地下などで帰ればいいですが、仕事が終わる頃にはデパートも閉まっており、結局外食が増えてしまいます。

外食は楽しいし、美味しいのでいい時間なんですが、服を買ったり、旅行へ行ったりするお金の捻出は難しくなってしまいます。

休日の外食は仕事を頑張っているご褒美にしたいので節約したくないですが、平日の夕飯を外食から食事宅配サービスに切り替えるだけで、年間で10万円以上のコスト削減になる場合があります。

頑張らずにコスト削減できる宅食サービスを試してみてください。

宅食で食費削減!まとめ

本記事は、「宅食で食費削減!外食費をおさえる節約生活の工夫」について書きました。

平日は仕事で忙しく、夕飯はできるだけ自分たちの手を煩わすことなく済ませたいのであれば、外食や総菜を買うよりも、宅食サービスの方がコスパが高いです。

宅食サービスもいろいろ出ていますが、作り立てで美味しく値段も安いワタミの宅食がおすすめです。

もっとも安いメニュー「まごころ手鞠」は1食490円。送料無料です。1か月で20食食べるとして9,800円しか掛からないため、ひと月で外食を2~3回行っているのであれば、十分に食費を削減することができるはずです。

手作り弁当を冷蔵で届けてくれ、お届け時間の調整も柔軟に対応してくれるので、いざという時に安心です。

味は想像以上に美味しく、手作り感があり、毎日食べても飽きない味付けになっています。

我が家は平日の外食が多かったので、ワタミの宅食「まごころ手鞠」を1年間継続すると、14万円程度の食費削減になるはずです。

毎日必ず出費している食費は変動費の中でも大きなウェイトを占めているため、外食が多い人は宅食サービスへの切り替えという選択肢がおすすめです。

ドン
ドン

頑張り過ぎる節約は継続しないので、宅食サービスの利用して、ゆるく食費削減を狙うのもアリだと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。