IPX7防水対応のBluetoothスピーカー。Anker Soundcore 2の使用感レビュー

起きている時は何かしら音をつけておきたいドンです。僕が家にいる時は起きてから寝るまで、だいたいテレビか音楽を流すようにしています。

ドン
ドン

ずっと欲しかった防水のBluetoothスピーカーを購入しました!

ぽてこ
ぽてこ

Anker Soundcore2ですね!有名なブランドなの?

ドン
ドン

まだ新しいけど、どんどんファンを増やしているブランドなんです!

僕はお風呂に入りながら、音楽を聴いたり、Huluやプライムビデオで映画・ドラマを見るのが好きなので、水に濡れても大丈夫な防水のBluetoothスピーカーを探していました。いくつか悩んだのですが、口コミでもコスパが良いと高評価なAnker Soundcore2を購入しました。価格が手頃な割にバランスのよいスピーカーだったので、とてもよい買い物でした。今回は、 Anker Soundcore2 を実際に使ってみた使用感についてレビューしたいと思います。

評判のよいAnker Soundcore 2はどんなスピーカー?!

Soundcore2を出しているのはモバイルバッテリーで有名なAnkerです。AnkerはGoogleのエンジニアが立ち上げた会社で2011年創業ですが、最近になってかなり知名度が上がってきているブランドです。

Soundcore2の色は黒・青・赤の3色が出ています。無難なのは黒かもしれませんが、部屋にあまり黒いものを置きたくない僕が一番気に入ったレッドを選択しました。赤だと一見派手に感じるかもしれませんが、落ち着いた赤色なので過度な主張はしてきません。形は横長の長方形で角は少し丸みをおびており、思った以上に実物はスタイリッシュな佇まいです。

商品名にSoundcore 2とあるように、ひとつ前の商品としてSoundcoreがあります。このSoundcoreもかなり売れた製品です。ベストセラー商品だったSoundcoreをさらに改良したのが Soundcore 2になります。Soundcoreよりもサウンドの迫力が増し、幅広い音色と深みのある低温を売りにしています。水中に沈めても不具合が出ない防水性能を持っている機器に与えられる国際標準規格であるIPX7防水対応になので、気を使うことなく浴室でもガンガン使えるのが嬉しいです。

製品仕様
  • 製品サイズ:約168 x 47 x 56mm
  • 製品重量:約414g
  • 防水規格:IPX7対応 (“一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない”と定義されています)
  • 最大使用時間:約24時

ボディはシリコンラバーなので濡れた手で持っても滑りにくいことと、ボタンの一つ一つが大き目なパーツとなっており、電源カバーも指先や爪でかりかりとすることなく、簡単に開け閉めできます。

Anker Soundcore 2の使用レビュー

Anker Soundcore 2のデザイン・サイズ・携帯性

ボディの全てが全てレッド一色になっているシンプルなデザインです。シリコンラバーで包まれているため、マットな質感で値段の割に高級感のある外観になっています。

スピーカーの前面と後面にAnkerのロゴが入っていますが、控えめなデザインとなっているため、あまり気にならないのも高評価です。上面にはボタンがついていますが、こちらも他の面とおなじくシリコンラバーで作られており統一感があります。横長で高さが低い作りなっており、底面のゴムがしっかりしているため共振を防いでくれる作りになっています。実にシンプルな形で気になるデザインもなく、浴室や部屋の中においてあっても邪魔にならないスピーカーです。

重さは414gです。iphone 8の3台弱分ぐらいの重さになります。全然重くはないんですが、まあまあずっしりする感じです。ただ家の中で持ち運ぶぐらいだったら何の問題もない重さでしょう。外出する際、カバンに入れて持っていける重さですが、横長長方形ということもあるので、あくまでも室内で使うのに向いていると思います。

Anker Soundcore 2の音質・通信の安定性

僕は音質についてうんちくを語れるほどスペシャリストではないので、素人ながらの感想をお伝えします。音はよいと思います。映画やドラマを見ている分には迫力のある響きですし、人の声もはっきりと一音ずつクリアに聴こえます。

少しだけ気になるとしたらロックを聴いているときのギターの音。低音や中音は迫力があって問題ありませんが、高音になるとちょっとだけこもったように聴こえます。もっと突き抜けて響いて欲しいけど、そこまで音が前に出てこないなあ、といった印象です。

ただここまでコンパクトなお手頃価格のBluetoothスピーカーと思えば驚くほど良い音質です。試しにかなりの音量にして聴いてみましたが、音割れするようなことはないのでご安心ください。

iphoneやiPadにつなげて数メートルの範囲で使用していますが、音が途切れることはありませんし、音量の上げ下げのレスポンスも問題ありません。充電も長い時間もちますし、iphoneやiPadの画面に充電の残量も出てくるので地味ですがとても便利です。

Anker Soundcore 2の操作性

スピーカーの上面に左側から順に「電源スイッチ」「音量ダウン」「次曲スキップ 」「音量のアップ」「ブルトゥース接続スイッチ」が並んでいます。ひとつひとつのボタンは大きく、手触り感だけでどのボタンかわかります。

パイロットランプは電源スイッチの左に白色、ブルトゥース接続スイッチの右に青色のLEDが付いていますが、かなり小さなLEDなので暗い部屋でつけていても明るすぎるといったことはありません。

iphoneやiPadとのペアリングもすごく簡単ですし、はじめてBluetoothスピーカーをお試しになる方にもおすすめで、大変満足度の高い一品です。

Anker Soundcore 2の使用感まとめ

本記事は、「IPX7防水対応のBluetoothスピーカー。Anker Soundcore 2の使用感レビュー」について書きました。

Anker Soundcore 2は、大人気を博したSoundcoreを改良したスピーカーです。5000円台前半で買えるBluetoothスピーカーの中ではデザインや音質が良くてコスパが非常に高いと思います。

防水性にも優れているので浴室で音楽を聴きながら長風呂や、映画・ドラマを迫力ある音で愉しむこともできる優れものです。

デザインがとてもシンプルなので、部屋の中に置いてあっても気にならず、枕元スピーカー、 デスクスピーカー、ポータブルスピーカーといろいろな使い方ができる一台となっています。

ぽてこ
ぽてこ

少し前になりますが無印良品で買ったBluetootheスピーカーと比べて音がよすぎてびっくりしました!

ドン
ドン

前評判が高かったので期待していましたが、それを上回るスピーカーで嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。