Amazonのkindle unlimitedを使い続けてわかったレビュー

ここのところタブレットのkindleアプリで本も雑誌も漫画を読んでいるドンです。

ドン
ドン

電子書籍は本棚を置く必要がないのがいい!

ぽてこ
ぽてこ

ミニマリストになりたい人ですか笑

電子書籍といえばAmazonのKindleが定着した感があります。

Amazonで本を購入したことがある方はご存知だと思いますが、単行本というバナーの隣にKindle版のバナーが出ており、単行本より少し値段が安くなってるだけでなく、スマホ、タブレット、パソコンでいつでもどこでも読めるのがとても便利です!

2016年8月3日からAmazon Kindleの読み放題サービスであるKindle Unlimitedが始まりました。月額980円で何冊でも読めるので、元は取りやすいサービスになっています。

Kindle Unlimitedを始めたきっかけ

社会人になってから長い間、日本経済新聞の電子版を購読していました。日経新聞から得られたことも沢山あったと思いますが、月額4,200円を払い続けたきた割にリターンが少ないと思い「もういいや」と辞めてしまいました。

ひと昔前までは、社会人たるもの日経を読まないことは悪いこと的な感じもありましたけど、今は新聞を読んでいない大人も多いように感じますし笑

ぽてこ
ぽてこ

日経読むなんてまじめですねえ

ドン
ドン

そういう時代ですよ笑

ただ日経を辞めた時は新聞を読まなくなる怖さが残っており、何かしら経済関連の情報は得ておきたく、信ぴょう性の高い情報を時間をかけずに効率的に入手できる有料情報でよさそうなものを探していました。

そんなときにKindle Unlimitedを知りました。

Kindle Unlimitedに登録した主なきっかけは漫画や本、経済関連以外の雑誌が読み放題できるところへ惹かれたのですが、ついでに経済誌も読めるのであれば日経を辞める代わりにもなって一石二鳥と考えました。

その後、dマガジンや楽天マガジンなど雑誌の読み放題に特化したサービスも出てきていますが、Kindle Unlimitedであれば、漫画や本も読めるし、雑誌の全ページを読めるため、980円でもいいかなと思い続けています。

ちなみに、dマガジンや楽天マガジンは雑誌の全ページが読めないことが多いです。たまたまかもですが、読みたい部分に限って読めなくなっていることが多いです。

Kindle Unlimited とは?

利用料金は月額980円

料金は月額制で980円払うことで対象の電子書籍が読み放題となります。

Amazonプライムの会費のように年会費と月会費で料金が変わるようなプランはありません。

2019年10月に消費税増税が控えていますが、 Kindle Unlimitedの料金は据え置かれるのではないかと思っています。値上げをするのであれば、Amazonプライムと同じタイミングで上げたはず…

今のところ増税後の料金改定についてAmazonから正式なリリースはないようです。

電子書籍のすべてが読み放題の対象というわけではない

Amazonにある電子書籍の全てが読み放題の対象というわけではありません。ただ一生かけても読み切れないほどの沢山の電子書籍が用意されていることは間違いないでしょう。

漫画、雑誌、本では小説、ビジネス書、実用書など、さまざまなジャンルが揃っています。

読み放題の対象かどうかは、カテゴリで Kindle Unlimitedを指定して見るか、検索結果の一覧画面で本の下にKindle Unlimitedのアイコンが表示されているので見分けがつくようになっています。

読み放題の対象となる電子書籍は入れ替わる

2016年のKindle Unlimitedのサービス開始当初のプレスリリースを見ると、「星を継ぐもの」(ジェイムズ・P・ホーガン、池 央耿訳)、「人生がときめく片づけの魔法」(近藤麻理恵)、「ざっくり分かるファイナンス」(石野雄一)などのベストセラーだったり、週刊ニューズウィーク日本版、ViVi(ヴィヴィ)やTarzan(ターザン)などの雑誌、コミックでは、「エンジェル・ハート 2ndシーズン」(北条 司)、「パタリロ!」(魔夜峰央)、「デトロイト・メタル・シティ」(若杉公徳)などが出ていたようです。

その中で2019年の今でも無料で読めるのは、ニューズウィーク日本版とTarzanぐらいです。他の電子書籍は読み放題の対象外となっています。

今でも書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上が読み放題対象になっているのかどうか定かではありませんが、タイトルの入れ替わりがあるので続けていると新しい本との出会いを楽しめます。

一度にダウンロードできるのは10冊まで

読み放題なので何冊でも読めるのですが、一度にダウンロードしておける電子書籍は10冊までとなります。

10冊まではアプリにダウンロードを繰り返していけますが、11冊目を無料で購入しようとすると、10冊のどれか1冊を返却しないと11冊目がダウンロードできない仕組みになっています。

購入する際に、すでにダウンロードしてあるどの本と入れ替えたいか指定しやすいので苦にならずに、ポチポチできるはずです。

利用終了したらアプリから勝手にデータが消えていきます。

キャンセルしなければ自動的に月額課金へ

30日間の無料期間が終わると翌月からは自動で980円の課金が始まります。

もし有料での継続を考えていなければ、契約してから30日以内に自分で停止処理はしておかなければいけません。

Kindle Unlimited の解約方法

Amazonにログインし、アカウント&リストをクリックすると、Kindle Unlimited 会員登録を管理ページへ移ります。

ページの左側にメンバーシップを管理というボックスあり、Kindle Unlimited会員登録をキャンセルというリンクがありますので、そこをクリックしたらキャンセルになります。

入会日から1か月間で980円が請求されるので途中で退会してもすでにサービスが使えなくなるわけではありません。入会日が請求日になっており、次の請求日まではサービスの利用ができます。

ここまでをまとめます!

  1. 月額980円
  2. すべてが読み放題の対象ではない
  3. 読み放題の対象は入れ替わる
  4. 一度にダウンロードできるのは10冊まで
  5. 30日以内に解約しないと自動で課金される
  6. アカウント管理画面で登録キャンセルがすぐにできる

というのが、Kindle Unlimitedについてのまとめとなります。

Kindle Unlimitedを使ったみた感想

自分では買わない本や雑誌、漫画にふれる機会が増えるので、いろいろな情報を集めやすいので重宝しています。

ドン
ドン

月額980円以上の書籍は読んでいるので、元は完全に取れています!

一時、株に取り組もうと考え、株関連の書籍を読み漁っていた時期がありますが、数千円の専門書が読み放題の対象になっておりラッキーでした。自分が読みたい分野の名著が読み放題対象になっているのは嬉しいですよね。

ただ、 Amazonプライムの会費のように年間縛りであれば料金が安くなるプランではないので 、月額980円を払い続けるのが嫌になったら、辞めたり登録したりを繰り返すのもありだと思います。

実際、僕も1年ぐらい使って、一度辞めたのですが、やっぱり便利だったので登録し直して今に至っています。

Kindle Unlimited の検索がしにくさはずっと変わらないので、この先もあまり期待できませんが、それによって本が全く探せないといったことにはならないので、どこかのタイミングでわかりやすくなることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。